博多金獅子太鼓  筑紫 珠楽

和太鼓 博多金獅子太鼓  筑紫 珠楽 (ハカタキンジシタイコ チクシ シュラク)

和太鼓【博多金獅子太鼓】筑紫 珠楽

 

気迫あふれる太鼓に合わせて獅子が舞う。福岡独自の伝統芸能の一つ『博多金獅子太鼓』
博多金獅子太鼓は『博多独楽宗家』の古典演目の一つとして宗家三代目 筑紫珠楽に継承され、『博多金獅子太鼓』として独立。
古典の基礎と筑紫珠楽の持つ独特の感性によってアレンジされた、九州特有のスピード感溢れる迫力の太鼓の音色を響かせます。現在は、実妹・筑紫祥楽をパートナーに日本初の兄弟デュオで演奏活動中。

博多座のこけら落しで大とりを務め、津軽三味線の「吉田兄弟」との全国ツアーを展開。
ブルーノート出演、様々なアーティストへの技術提供。和楽器では初となるビクターレコードよりCDのメジャーデビュー。全米、中南米コンサート、ニューヨーク公演、岸谷五朗、寺脇康文氏らの企画ユニット、地球ゴージャス・ミュージカル「クラウディア」での音楽指導、ハリウッド映画「SAYURI」の音楽を担当。
音楽の他にも福岡県非常勤講師の他、講演活動、TV、ラジオ多数出演など、タレントとしても様々な分野で活動中。

 

◆1ステージ15~20分ステージが基本です。
◆人員構成は3~4名です。
◆獅子は一頭と二頭の編成の二種類あります。
◆会場の広さによりマイクが必要になります。
◆控室(姿見・お茶・ハンガーラック)をご用意下さい。
◆ステージ横パテーション(道具目隠し用)ご用意下さい。